• Bridal Jewely Info

結婚

結婚という概念は、いつ頃生まれたのでしょうか。
はるか昔、私たちの先祖には、特別結婚という概念はなかったはずです。何かしらの儀式は、行われていたかもしれませんが……。
ただ自分たちの子孫を残していくため、本能的に行動していたのではないでしょうか。
それでも、その2人の間には、きっと愛があったはずです。
自分たちの子どもにも、たくさんの愛情を注ぎ育てていたことでしょう。
その点に関しては、現代を生きる私たちにも脈々と受け継がれてきたことと言えます。
現代では、愛し合っている人と結婚することが一般的となっています。
その中で、ウェディングドレスなどで着飾ったり、結婚指輪などで身につけたりします。
その結婚指輪には、どういった意味があるのでしょうか。

誓い

私たち人間は、人を愛することができます。
そして、愛することができるのは、たった1人だけです。
人間一人に心臓は1つしかないのと同じように、気持ちをいくつも持つなんてことはできないのです。
ですから、浮気などを平気でする人は、本当にその人のことを愛していないのでしょう。
結婚指輪には、その人のことだけを一生愛するという誓いの意味が込められています。
ですから、協会式では「病める時も健やかなる時も……」なんて言いますよね。
どんなことがあっても、その人と一生を添い遂げますという誓いこそが結婚指輪になるのです。
もちろん考え方は、人によって異なると思いますが、結婚指輪はそれほど大切なわけですから、選ぶ際はさまざまなことに注意しなくてはなりません。